経絡治療とは

経絡治療とは

 

問題の経絡に、直接働きかけます

現在、西洋医学においては、遺伝子に働きかけて治療をおこない、体のパーツまで再生するという、まさにSF小説さながらに「科学的」に生命を探求し、健康を取り戻すための努力が日々追求されております。
しかし、一方で鍼灸治療に対する根強い期待感があることも事実です。 その魅力とはいったいどこにあるのでしょう。
それは西洋医学が分析に分析を重ねて、ミクロの世界へ入っていくのとは対照的に、東洋医学では病を体全体の反応で捉え、全体治療としての体系を形作っており、その治療によってときに病院でも改善し得なかった症状を改善せしめることが往々にしてあるという事実によるものでしょう。
欧米ではその治療効果が認知され、薬剤や手術よりも格段に安価であるにもかかわらず、疾患によっては高い効果を発揮するため、中国に学びに訪れる医師が増えているそうです(04年12月1日岩手日報)。
それではなぜ鍼灸は効くのでしょう。
東洋医学では、全身を廻る気血の通る道を経絡(けいらく)と呼びますが、その 「経絡のなかを流れる気血の運行が何らかの原因によって阻害されたときに病気を発する」と考えられています。
その気血の運行の乱れを調整することで、様々な症状を改善せしめ健康を取り戻すことができる、というのが東洋医学の基本的な考え方です。

全身を廻る経絡には大きく分けて12の経絡がありますが、どの経絡に問題があるかで現れる症状に特徴が出てきます。
たとえば、足から頭までつながる経絡に問題があるときは、頭に症状がでたり、足に症状が出たり、時にはお腹に症状が現れたりします。
また、同じ足の中でも、場所によって違う経絡の問題と判断されるときもあります。 
その為、東洋医学的に診断をつけて「証(あかし)」を立て、どの経絡に問題があるのかを判断するわけですが、西洋医学で診た場合には全く違うふたつの病に対し、同じ経絡に問題があるという証が立つことがあります。
逆に、似たような症状に病気に対して、違う経絡に問題ありという証で治療したりすることが往々にしてあります。
これが鍼灸は 「(西洋医学による)病名治療はしない」といわれる所以であります。
 
このような東洋医学の基本的な考え方に、最も忠実に従っている治療体系が経絡治療と呼ばれるものであります(脈診流とも呼ばれています)。
経絡治療とは、まさに 「東洋医学の真骨頂ともいえる治療体系である」と言えるでしょう。
現在の鍼灸師の養成課程が西洋医学中心となっているため、すべての鍼灸治療家がそれに基づいて治療を行っているかというと残念ながらそうではありません。
この経絡治療を行う鍼灸師が増えるようであれば、鍼灸治療に対する認知度も格段と上がるのではないかと考えるものです。

所在地

〒020-0886 
岩手県盛岡市若園町10-45

営業時間

平日/9:00~19:00 
土曜・祝日/9:00~17:00

休日

日曜日

TEL

019-622-5544